世界で活躍する企業と人材を結びつけるヒューマンリソース・スペシャリスト Staff Solutions Australia

オーストラリアで働く

オーストラリアにとって日本は最大級の貿易パートナー国であり、観光産業面でも日本は長年大きな貢献をしてきています。また、ワーキングホリデーや留学制度の充実、永住権取得の道も開かれるなど、日豪交流はとても盛ん。日本人が学び、暮らし、そして「働ける海外」として、美しい豊かな自然に育まれたオーストラリアは、国際派の皆さんの海外就職の選択肢として、大きな魅力を持った国です。

■どんな雇用機会があるのでしょうか

日本語スピーカーの方がお勤めの主な企業には、日系企業の現地法人・駐在事務所や日本政府・自治体等の公的機関はもちろん、オーストラリアや欧米企業も多数あります。

業界も多岐にわたり、金融、証券、保険、商社(輸出入)、製造業(メーカー)、物流、会計・法律事務所、旅行、サービス、IT、電信電話、運輸(含エアライン)、コールセンター、教育機関(語学学校・TAFE・カレッジ・大学等)など、幅広い分野で人材が求められています。

職種もさまざまで、秘書・受付、人事・総務、経理・会計、営業・マーケティング、留学カウンセラー、トラベルコンサルタント(インバウンド/アウトバンドオペレーター)、ツアーガイド、コールセンター、教職員、日本食シェフ、美容師などは、頻繁に募集のかかる職種です。また、日本からの投資が活発化している影響から金融・証券のスペシャリストやバック/ミドルオフィス事務、堅調な日豪貿易を背景に貿易事務、通関、物流事務も求められています。さらに最近では、日本からの駐在員を現地採用者に切り替える動きも見られるようになってきました。

拠点もオーストラリア全土にわたります。シドニー、メルボルン、ブリスベン、ゴールドコースト、ケアンズなどのオーストラリア東部主要都市を中心として、さらに近年では資源関係の需要が多いパースでの求人も含め、人材の需要があります。

■重視される項目

まず、オーストラリアでの就職には就労可能なビザが必須です。中でもやはり、永住権(またはそれに相当するビザ)を持っていることが断然有利になります。

さらに、経験が重視される傾向があるため、これまでの職歴や学歴との関連性をしっかり説明できるキャリアを築いていくことが大切です。

また、英語力不足が原因で就職活動に苦戦される方も多く見られます。

将来的にオーストラリアでの就職をお考えの方は、上記の点を踏まえて、長期的視野を持って計画的に準備・強化されることをお薦めします。

■さらに詳しいオーストラリアの求人事情

オーストラリア求人事情Q&Aのページをご覧下さい。

■オーストラリアに来られたら

下記「ご登録フォーム」から、お客様のご経歴やご希望などをお知らせ下さい。当社がお客様の就職のお手伝いを致します。

ご登録フォーム お問い合わせ